悪徳商法の被害を相談してみて聞いた引っかからない方法

悪徳商法相談

悪徳商法の相談でクリーニングオフ

ガッツポーズ

何かを買ったとき、特に通信販売などではクリーニングオフ、という行為ができるようになっています。つまりは、これは返す、ということができるのです。もちろん、返金もしてもらうことができます。しかし、悪徳商法の場合は、これを受け付けない、としている場合が多くあります。当たり前ですがこれは一方的にできるわけではありませんから、絶対にできることになっていますから、とにかくクーリングオフは可能である、と思っておいてよいでしょう。
ここで重要になるのはキチンと書面で通告することです。相手が拒否をしたとしてもあくまですることを通告した、という証拠を残すことです。クーリングオフというのは8日間の猶予期間があるのですが、業者はその期間、返信してこない、という場合があるわけです。こうしてクーリングオフの期間まで引き延ばすわけです。そんなことをさせない為にもこちらは連絡をした、という証拠を残しておくことです。
内容証明で送ることがまずはお勧めできることになるでしょう。かなり大変ではあるのですが、これが最も確実な方法であるといえますから、お勧めできます。悪徳商法に引っかかることは意外とありますから、注意しておくことです。

Recent Information

ガッツポーズ

悪徳商法の相談でクリーニングオフ

何かを買ったとき、特に通信販売などではクリーニングオフ、という行為ができるようになっています。…

MORE ▶

女性

悪徳商法というのはどんなことか

悪徳商法というのは、その人を騙して商売をしているようなことをいいます。たとえば効果がないのに効…

MORE ▶

男性

悪徳商法に引っかからないようにする

悪徳商法というのはいろいろなところに転がっています。それこそ今はインターネット上にもたくさんの…

MORE ▶

伸び

原野商法という悪徳商法

昔、原野商法という悪徳商法が流行したことがあります。最も流行したのがバブルの時です。これはどん…

MORE ▶

Update List